企業主導型保育事業とは?
「企業主導型」の事業所内保育事業を基盤とした認可外保育園であり、平成28年4月の「子ども・子育て支援法」の改正により創設された制度です。多様で柔軟な就業形態に対応できる保育サービスを広げ、待機児童の改善や、仕事と子育てとの両立を支援することを目的としています。「企業主導型保育事業」には次のような特色があります。
  働き方に応じた多様な保育の提供

   延長保育、休日保育、短時間、短期間の保育提供。

  他の企業との共同利用や地域住民の子どもの受け入れ

   保育利用者を柔軟に受け入れることが可能です。

  助成金などの交付

   運営費や設備の整備費について、認可施設に近い補助を受けることができます。

すくすくジャパン.png